奔走主宰



2016/06


2016/07/27
18:41
今日も朝からホトトギス社に出社です。
ホトトギス関係の原稿を仕上げたりしましたが、昨日の朝私の使っているパソコンが潰れて、ちょっと大騒ぎをしています。
それでも昼前には会社を出て月例の目黒学園句会に出席しました。
句会は楽しく過ごさせて頂きましたが、こんな日の仕上げは写真のワインでんな。
明日に期待しましょう。

夕菅や三瓶の太古知つてをり
廣太郎

2016/07/26
19:26
今日も朝からホトトギス社に出社して、パソコンを立ち上げたら、ひょんなことから動かなくなってしまいました。
上手いこと修理出来るか不安なまま、午前中は会社のパソコンの別の機械で原稿を打ち、午後からは月例の若水句会に行きました。
今日は句会後は恒例の暑気払でした。
写真は暑気払会場の同じ階の展望台で、真ん中に見えているのは東京のカテドラルです。
写真では小さいですが、素敵な景色でんな。

三瓶野の花合歓夕日離さざる
廣太郎

2016/07/25
19:00
今日は月曜日で、又平日の始まりで、朝からホトトギス社に出社です。
そろそろ月末の佳境になってきましたわな。
今日は句会もなく会社の仕事が捗りました。
写真は、私の手ですが、訳あって小指をつめ・・・、いや薬指の指輪ですが、ダイエットをして楽々はまるようになりました。
小指は曲げているだけですのでご安心下さいませ。

廣太郎

2016/07/24
17:50
野分会夏行2日目、つまり最終日です。
昨日は門前仲町のホテルに泊まり、今日は早朝から芝公園の花鳥諷詠塾で、夏行に参加されている酒井湧水神父様の司式でミサが行われ、夏行参加の方々や、その他知り合いの方も与られました。
その後は有志で増上寺や芝離宮庭園などを吟行しました。
写真は芝離宮庭園に咲いていました。
その後又門前仲町の句会場に戻り句会です。
真摯に学ぶことが出来ました。
スタッフの皆様をはじめ御参加の皆様には心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

高階の弥撒や祈りの声涼し
廣太郎

2016/07/23
21:26
今日から野分会夏行はより多くの方々の御参加で前日句会となります。
実は昨日は家に帰り、今日あらためて家から参加しましたが、全国から多くの御参加がありました。
写真は今日の吟行地の富岡八幡宮です。
句会後は懇親会で盛り上がったのは言うまでもございまへん。

宮涼しニ礼ニ柏手一礼に
廣太郎

2016/07/22
19:50
今日は金曜日ですが、会社へは行かず朝は少しゆっくり目に出て、茅場町という場所に行きました。
ここで集合して、今日から恒例の野分会夏行です。
本番は明日からですが、今日は前泊句会として有志が、結構全国から集まりました。
吟行は歩いて清澄庭園まで行きました。
写真は青鷺ですが、人が近づいても逃げまへん。
楽しい1日を過ごしました。

青鷺の水面を睨む孤高の目
廣太郎

2016/07/21
21:34
今日も朝からホトトギス社に出社しました。
今日までに頂いている雑詠の選は完了しました。
夕方からは、月例の登高会でした。
多くの方々の御出席を頂き誠にありがとうございました。
写真は、久しぶりに私のデスクのパソコンの壁紙を変えましたが、又ミリタリーに戻りましたわな。

海の日を淡海に使ひ切つてをり
廣太郎

2016/07/20
18:29
今日も1日ホトトギス社で仕事です。
そろそろ月の後半になり佳境ですわな。
長旅の疲れもなく励んでおりますが、旅の間結構美味しいものを食べたり飲んだりしたわりには、家に帰ってから計った体重は何と減っていました。
勿論定期的に医学的な検査はしており、病的に痩せているわけではございませんのでご安心下さいませ。
そんなことで、夜は写真のこんなワインを堪能しております。
明日はちょっと体重が増えるかも知れまへんな。

廣太郎

2016/07/19
22:02
恐らく、今年最長の旅から昨日帰ってきて、今日は朝からホトトギス社に出社です。
七夕のような出会いもあり、その余韻にも浸っておりますが、現実に戻りホトトギス社の色々な仕事に勤しみました。
それでも今日は会社の仕事だけだったので、帰宅は早く、写真は近所のお宅に咲いていた1輪です。
ちょっと早いかも知れまへんが、風情でんな。
そんなこと、でもないのですが送信は遅くなり、7月19日の火曜日でした。

廣太郎

2016/07/18
17:22
昨日琵琶湖畔のホテルに泊まり、朝はゆっくりして、同じホテルでホトトギス同人石川多歌司様主宰の俳句集団「天地」の10周年記念祝賀会にお招き頂き、ちょっとした講演もさせて頂きました。
写真はホテルの窓からの琵琶湖の景ですが、海の日の淡海の景でんな。
楽しい会を過ごさせて頂き、石川多歌司様はじめ御世話下さいました方々には心から感謝申し上げます。
ありがとうございました。

廣太郎

2016/07/17
23:25
今日2回目の送信になりますが、先ず昨日の拙句、ちょっと打ち間違えました。
正しくは「花合歓を抜け花合歓を抜け句碑へ」と最後の「へ」が抜けておりました。
申し訳ございませんでした。
今日はいよいよ石見ホトトギス俳句大会の大会当日です。
毎年のことながら素晴らしい会でした。
上の写真は昨日の夜の夏の月ですが、星を制するほどでした。
下の写真は三瓶の美しい自然でんな。
会は百名様以上の御参加で活気ある会でした。
御世話下さいましたスタッフの皆様には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。
会の後はバスで岡山まで行き、新幹線で京都まで行き、そこから滋賀県の大津まで来て、今日も泊まりです。
今日も送信が遅くなりましたが、7月17日でした。

月涼し火星木星土星統べ
廣太郎

老鶯に引つ張り出されたる朝日
廣太郎



2016/07/17
07:59
昨日は浜田市で泊まり、ゆっくりさせて頂きました。
と打ったら翌日になってしまいました。
7月16日、17日は石見ホトトギス俳句大会です。
これは16日の前日句会の記事として、写真は合歓の花ですが、今年は素晴らしい咲き様でした。
 
花合歓を抜け花合歓を抜け句碑
廣太郎

2016/07/15
21:27
今日は週末の金曜日ですが、朝から新幹線で広島まで行き、そこから高速バスで島根県浜田市まで行きました。
毎年恒例の浜田吟行会に伺いました。
写真は吟行地の浜田市の海岸です。
梅雨明けをしたかのような好天を堪能しました。
こんな涼しい浜田も初めてかも知れまへんな。

山陰といふ涼しさと優しさに
廣太郎

2016/07/14
19:05
今日も朝からホトトギス社に出社です・・・、ってこればっかしですが、仕事は捗っています。
毎日出社すると、先ずメールをチェックして、ブログなどを拝見しますが、毎日楽しみにしているある方のブログが、ピタリと止まっており心配しております。
反対に、なんて表現は不適切かも知れまへんが、ある俳誌のホームページの、この奔走主宰のような日記のコーナーが頻繁に更新されているのは楽しみでんな。
そんな中、昼前から会社を出て月例の土筆会に行きました。
お馴染み小石川後楽園が会場でんな。
写真は何度かご紹介していますが、近所の小学生が植えた田です。
収穫が楽しみでんな。

江戸の世の香りを今に青田風
廣太郎

2016/07/13
22:08
今日も送信が遅くなりましたが、7月13日で、朝から1日ホトトギス社に出社しました。
11月号の雑詠選がそろそろ佳境ですが、今日までに御投句頂いているのは選が終わりました。
久しぶりに家で夕食を食べて、和気藹々ですが、その後買い物も兼ねて外を散歩しました。
写真はそんな外出の時何時も重宝している下駄です。
足音がいいでんな。

廣太郎

2016/07/12
16:56
今日は朝から鎌倉に行きました。
写真は御存知鎌倉大仏でんな。
定例のむさし野吟行会が鎌倉を吟行地として行われました。
鎌倉は、虚子忌、年尾忌で訪れる以外あまり縁のない場所ですが、考えてみると親戚の墓所がありますわな。
暑かったのですが、楽しく過ごさせて頂きました。
スタッフの皆様をはじめ御参加の方々には心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

露座仏といふ涼しさでありにけり
廣太郎

2016/07/11
22:32
今日はすっかり送信が遅くなりましたが、昨日東海ホトトギス俳句大会から帰ってきて、早速朝からホトトギス社に出社です。
雑詠選に勤しんだりして、午後からは朝日カルチャー若草句会で新宿に行きました。
新しい方もお迎えして、活気ある会で楽しく過ごさせて頂きました。
写真は家にある、先年沖縄で買ったシーサーの置物ですが、何か愉快でんな。

夕虹に突つ込んで行く空母かな
廣太郎

2016/07/10
16:31
東海ホトトギス俳句大会の大会当日です。
朝はゆっくり、とはいえやはり結構早く起き、しっかり朝食を食べて、その後は有名な英虞湾の中を船で遊覧しました。
珍しいことに太陽の周りには円虹が出ていました。
上の写真ですが、うっすらと見えまんな。
下の写真はクルーズの景色ですが、この辺りは真珠の養殖で有名でんな。
真ん中に写っている建物は、養殖真珠の創始者御木本幸吉に所縁のある家だそうです。
大会は、色々変更もありましたが滞りなく進み、M・O様という素敵な佳人とも親しくなり、本当に楽しい2日間でした。
御世話下さいました三重県のスタッフの方々には心よりお礼申し上げます。
ありがとうございました。

円虹に飛行機雲の突き刺さり
廣太郎



2016/07/09
20:48
今日は朝6時東京始発ののぞみ1号に新横浜から乗り名古屋へ行きました。
そこから又今度は近鉄の貸切電車で三重県の賢島に行きました。
今日から東海ホトトギス俳句大会が三重県当番で開催されます。
ここは今年サミットが行われたことで有名でんな。
会場は宝生苑という、正にサミットの舞台の宿で、写真は各国首脳が立った場所だそうです。
今日は前日句会でしたが、150人以上の御出席でした。

サミットの余韻包みて夏霞
廣太郎

2016/07/08
20:32
今日は金曜日で、朝から1日ホトトギス社で仕事をしていました。
そろそろ11月号の雑詠選が始まりました。
仕事は結構捗っていますので、今日も比較的帰宅は早く、久しぶりに目黒駅から自宅まで歩きました。
梅雨のじめじめした陽気ですが、あまり汗もかかずに帰りました。
写真は桜の名所の目黒川ですが、すっかり葉桜でんな。

廣太郎

2016/07/07
17:06
今日はテレビ朝日などでは七夕の話題でもちきりですが、俳句の世界では違いますわな。
今年は、新暦では8月9日が七夕になります。
ということで、今日も朝からホトトギス社に出社して会社の仕事に勤しみましたが、昼前からは会社を出て、月例の蕉心会に出席しました。
暑い中吟行をしましたが、太っていた頃に比べて確かにあまり汗もかかず結構楽でんな。
今日の会場は、久しぶりに芭蕉記念館の分館でした。
写真は会場近くの家の前にある箱庭です。
かなりの力作で、拙句のようなことをしたらあきまへんわな。

箱庭のこの辺に置きたき戦車
廣太郎

2016/07/06
18:32
今日も1日ホトトギス社で仕事です。
ホトトギス掲載の原稿、厳密には選ですが、1つ仕上げて結構余裕をこいております。
時間的には余裕ですが、あちらの方はもうさっぱりわやで、首吊りもんです。
まあそれはおいといて、今日ホトトギス社へある方がお越しになり、古いホトトギスを閲覧なさっていらっしゃいました。
毎度申し上げておりますが、弊社にはホトトギスは全巻ございますので閲覧は大歓迎です。
でも、やはり古いホトトギスは、芦屋の虚子記念文学館で販売しているDVDを絶対お薦め致します。
高価と言えばそれまでですが、絶対重宝されます!!!
そんなことで、夕食の時のワインが写真です。
癒されました。

廣太郎

2016/07/05
19:00
今日も1日ホトトギス社でデスクワークです。
月始めで少し余裕もありますわな。
「監督」からの原稿も漸く着きちょっと一息入れています。
そんなことで帰りには参院選の不在者投票に行きました。
ちょっと私と国に対する考えが似ている人が居て、ちょっと嬉しかったです。
まあその人に入れたかどうかは御想像にお任せします。
私の国に対する考えは、一部の方は御存知でんな。
投票所は、家の近所で、写真はかの有名なサレジオ教会です。

廣太郎

2016/07/04
19:50
今日から又平日の始まりで、1日ホトトギス社で仕事をしていました。
何か昨日のアップが遅くなり申し訳ございませんでしたが、元気に仕事等をしています。
写真は仕事等の帰りで、午後7時半頃の西の空ですが、ファンタジックだと思うのは私だけでしょうか?

廣太郎

2016/07/03
18:39
あうたう句会の句会当日です。
朝は結構早く起きてゆっくりしました。
写真はホテルの部屋の窓から眺めた房総半島や海です。
30人の句会で、皆様素敵な御句を詠んでおられました。
句会後は昼食や休憩をしながら帰りました。
アクアラインで事故渋滞に遭遇しましたが、直ぐに解消して、予定よりも早く東京に帰ることが出来ました。
毎度のことながら御世話下さいました方々には心より感謝申し上げます。
ありがとうございました。

せせらぎのフーガ河鹿のアルペジオ
廣太郎

2016/07/02
21:09
今日は土曜日でホトトギス社は休みでしたが、朝少し出社して、その後会社の前から貸切バスに乗り、毎年恒例となりました「あうたう句会」に参加しました。
今年はアクアラインを通り千葉県は房総半島のど真ん中の、先ず写真の粟又の滝という素敵な滝を吟行しました。
別名養老の滝と言うそうです。
その後は南房総市の富浦ロイヤルホテルに行き、宴会と宿泊を堪能しました。

廣太郎

2016/07/01
15:52
今日から7月でんな。
朝は直接ホトトギス社には行かず、先ず江東区の芭蕉記念館で、毎週金曜日に行われている俳句入門講座に行きました。
実は今日がこの講座の最終回でして、句会を行いました。
初心者の方がほとんどでしたが皆様とても素晴らしい御句を作られ感動致しました。
この中から是非多くの、いや出来れば全員大俳人として活躍して頂きたいですわな。
写真は記念館の庭の額の花です。真ん中にあるのがお判りになりますか?
午後からはホトトギス社に出社して、色々雑用をしていました。
ところでわが社の「監督」の原稿はどないでっしゃろ?

万緑をはみ出して咲く一花かな
廣太郎




2016/06