巻頭句俳人ご紹介



雑詠  平成30年

平成三十年九月号

 春眠の覚めることなく逝かれしと

今井千鶴子(いまいちづこ)
 [千鶴子]

現住所

東京都

所属結社

ホトトギス・玉藻・珊

出身県

東京都

生年月日

昭和3年6月16日生

俳歴略歴

俳歴約60年。「俳句は自分のために作る」を信条とする。「季題を諷詠し、人々の感情のやり場を見出すものが則ち俳句」虚子

戻る



平成三十年八月号

 梅林の日輪として高くあり

岩岡中正(いわおかなかまさ)
 [中正]

現住所

熊本県

所属結社

阿蘇・ホトトギス

出身県

熊本県

生年月日

昭和23年

俳歴略歴

20歳より作句。現在、俳誌「阿蘇」主宰。客観写生を超える、詩として俳句をめざす。近代を超える詩として花鳥諷詠を再生する。

戻る



平成三十年七月号

 雛の軸かけ飾る日を待っており

吉田節子(よしだせつこ)
 [節子]

現住所

京都府

所属結社

ホトトギス・笹鳴

出身県

京都府

生年月日

昭和7年11月24日生

俳歴略歴

昭和51年義父の「笹鳴」継承。昭和63年ホトトギス同人。第10回日本伝統俳句協会賞受賞(雛遊)。古壺新酒を信条。

戻る



平成三十年六月号

 加ふるに富士聳えゐて羽子日和

嶋田一歩(しまだいっぽ)
 [力]

現住所

静岡県

所属結社

ホトトギス・玉藻

出身県

東京都

生年月日

大正12年3月22日生

俳歴略歴

昭和36年ホトトギス同人。北海道ホトトギス会長、国際俳句交流協会理事等を経て現在日本伝統俳句協会理事。虚子記念文学館理事等。

戻る



平成三十年五月号

 極月の廃業告げて切る電話

三宅久美子


現住所

香川県

所属結社


出身県


生年月日


俳歴略歴


戻る



平成三十年四月号

 桐一葉音なく落ちて音ありし

嶋田一歩(しまだいっぽ)
 [力]

現住所

静岡県

所属結社

ホトトギス・玉藻

出身県

東京都

生年月日

大正12年3月22日生

俳歴略歴

昭和36年ホトトギス同人。北海道ホトトギス会長、国際俳句交流協会理事等を経て現在日本伝統俳句協会理事。虚子記念文学館理事等。

戻る



平成三十年三月号

 鉦叩聞けばすぐ来る七回忌

井上醇女(いのうえあつじょ)
 [醇子]

現住所

福岡県

所属結社

ホトトギス

出身県

福岡県

生年月日

昭和7年1月17日生

俳歴略歴

俳歴10数年。ホトトギス同人(平成12年)四季の移ろいや人の営みを深くみつめやさしく向き合い花鳥諷詠の道を精進します。

戻る



平成三十年二月号

 初月の夜々太白に見守られ

大石 勲


現住所

兵庫県

所属結社


出身県


生年月日


俳歴略歴


戻る



平成三十年一月号

 ごはごはの風通りけり宿浴衣

岩村恵子(いわむらけいこ)
 [恵子]

現住所

東京都

所属結社

ホトトギス

出身県

兵庫県

生年月日

昭和10年1月4日生

俳歴略歴

阪神淡路大震災を切っ掛けに母を慰めるため俳句を始めました。自然を通して、神への賛美と感謝を謳いたいと思っております。

戻る



資料:俳人選集「花鳥諷詠」平成12年版・ホトトギス同人句集(四)昭和63年版

*掲載事項に、お差支え・御変更がございましたら、御連絡ください。